ヒヨドリよ、ヒグラシよ。来年の夏もまた会おう!

当館には夏椿が何本か植えられていて、2階の客室窓の高さまで伸びています。その枝に数年前ヒヨドリが巣を作り、毎年同じその巣を使ってヒナをかえしています。鳥だってエコなのです。

a0011690_1324736.jpg

今年は天候の関係か運が良かったのか、親鳥こそ無理だったもののヒナの成長をカメラに収めることができました。卵が4個、いつのまにか産み付けられていました。

a0011690_13262735.jpg

卵の発見からはずいぶん気を遣いました。気にはなるんですけど、あまり覗き込んで親が抱卵を放棄しちゃったら大変ですし。7月27日、ヒナ3羽を確認。この頃毎日天気がぐずついていて、体温が下がらないか心配でした。

a0011690_13301430.jpg

翌28日、1階の窓から。尾が見えます。巣のヘリに留まっているようです。

a0011690_13321295.jpg

29日、2階直近の窓から。

a0011690_1333336.jpg

ズームして。最後に残った1羽なのでしょう。巣立ちの勇気を奮い立たせるかのように、じっと天を仰いでいました。がんばれっ!

そして30日。今日、ヒヨドリの巣は空になりました。みな無事に飛び立っていったようです。来年もまたこの巣に戻ってきてくれるよう願うばかりです。

同じ時期、超が付くほどのヒグラシマニアのN様が滞在されていました。先述のように天気に恵まれず昨年と比べて苦労なさっていたようですが、いくばくかの雨や川の音があった方が逆に臨場感があって良いんだよ、というお言葉に納得。でも雷も鳴ってたしなぁ、お疲れさまでした。

今年も録音したてのヒグラシの鳴き声をN様にいただきました。ありがとうございました。これをお読みの休みがなかなか取れない皆さま、どうぞヒグラシシャワー2011を聞いて高原の雰囲気だけでもぜひご堪能ください。

N様がお帰りになった日はどういうわけか遅くまでヒグラシが鳴いていましたが、今日はもうあまり鳴き声が聞こえません。最後のひと鳴きだったのかな。今外はジーというアブラゼミの声で満ちています。いよいよ那須高原も8月に突入です。

<今日のオーナー>
a0011690_1411557.jpg

人生初モーニング姿のワタクシ。実は先週、息子の結婚式でした。彼もまた、無事巣立っていってくれました。めでたしめでたし。
by raspberryfarm | 2011-07-30 14:23 | -その他のどうぶつ

ラズベリーファームのオーナーが綴る、那須高原の今!


by オーナー