天鷹酒造で酒蔵見学

あちらこちらの蔵で酒造りが佳境に入っているこの頃ですが、なかがわ水遊園の近くにある「天鷹酒造」さんで大吟醸の仕込みも終わり酒蔵見学を再開したとの連絡をいただいたので、さっそく見に行ってきました。

a0011690_1781261.jpg

田んぼと畑が広がる田園地帯に天鷹酒造さんはあります。杉玉と一斗樽が出迎えてくれました。

a0011690_1793657.jpg

ギャラリー(ショップ?)は明るくて思いのほか今風。たくさんの天鷹が並んでいます。ここと事務所は酒米を蒸すときに使ったお湯で床暖房しているのだそうです。エコだ。

a0011690_17124769.jpg

今回は1時に見学予約をいれておじゃましました。案内の方を待つ間に冷蔵庫を物色(笑)。どうだ、買えるものなら買ってみろといわんばかりに大吟醸秘蔵酒が鎮座していました。ううむぅ、ポケットの中の千円札では買えない、くやしい(笑)。

a0011690_17181335.jpg

そうこうするうちに案内人の方が登場。なんと杜氏本人です! 素人相手に申し訳ない。まずは酒米と精米設備の説明から。ここ天鷹酒造ではすべて自家精米をしているのが自慢で、3基あるこの精米機を年末から24時間お正月も関係なくフル稼働させて五百万石や山田錦などを精米しています。こすり合わせる家庭用精米機と違い酒米は削って精白していきます。

a0011690_17183125.jpg

右端がとれたままの玄米。左奥が普段私たちが食べる白米ですが、そんなに白くない。いかに酒米が削られているのかわかりますね。

a0011690_1724391.jpg

隣の建屋入り口。天井にはクレーンがあってまるで小さな工場のよう。

a0011690_17252459.jpg

精米の摩擦熱で暖まった米を急激な温度変化を避けるために数日かけてゆっくり冷やし、ふんだんにあるきれいな地下水を使ってここで洗います。ですが大吟醸など5割近く削った米はもろく機械では割れてしまうので、水温5度の冷水で人の手でやさしく洗うのだそうです。

a0011690_17305942.jpg

次に蒸し、それに酒麹をまぶして醸します。ワインやビールは単発酵ですが、酒は醸した生成物を麹がもう一度食べて・・・ということを繰り返す平行複発酵という醸造法で作られます。よく聞く三段仕込み・四段仕込みというはそのことです。

a0011690_1735450.jpg

蒸された米を味見してみました。ご飯じゃありませんね。なんというか、甘いです。

a0011690_17362872.jpg

その後このタンクでゆっくり熟成していきます。ここは立ち入り禁止になっていますが、ドアを開けると建物中が甘い酒の香りに満ちていました。この奥には酒を搾る作業所がありますが、震災の影響で補修・改築工事中とのこと。このタンク室も今年中には建て替えられるそうで、今回が見納めになります。

a0011690_1744761.jpg

敷地の奥にはこんな大きな貯蔵タンクがありました。近所で火事があったときなどは物見櫓代わりに使っているそうです。

a0011690_17453480.jpg

今回ワタクシは見かけませんでしたが、若い人も勤めているんでしょうか。ポツンとバスケットゴールがありました。

a0011690_1747356.jpg

入り口に戻ると、脇に鳥居とお稲荷さん発見。松尾様(酒の神様)は別の場所に奉ってあるそうです。

a0011690_17515852.jpg

ゆっくり丁寧に案内して下さった竹之内杜氏とツーショット。4月まで酒造りをして、その後は岩手に戻って米作りというのが一年のサイクルなのだそうです。ありがとうございました。
天鷹酒造株式会社 〒324-0411 栃木県大田原市蛭畑2166
TEL 0287-98-2107  FAX 0287-98-2108

天鷹酒造ではいつでも一人から見学を受け付けていますが、酒蔵の都合もあるのであらかじめ予約をしてください。利き酒もできますが、5月から9月は酒造りをしていないため施設のみの見学になります。

<今回の戦利品>
いやまぁ普通に買ったんですが、製造元ならではということで生酒をチョイスしました。

a0011690_1803686.jpg

「しぼりたて天鷹」 そういう名前の、こんなラベルの酒です。ボディが軽いのに香りが立っていて、飲みやすい旨口の酒です。

a0011690_1835911.jpg

杜氏おすすめのスパークリング天鷹。酸味が抑えられていて飲みやすい、ついつい飲み過ぎちゃいそうな純米酒。

きれいな水が豊富にある栃木は酒造りもさかんです。酒蔵見学でお酒に親しみを持っていただけたら幸いです。

<今日のりんちゃん>
a0011690_1893366.jpg

家でワタクシは、やっとこさ戦利品の利き酒・・・でもりんにとっては酒はツマランらしいです(笑)。
by raspberryfarm | 2012-02-22 18:23 | -那須の日常

ラズベリーファームのオーナーが綴る、那須高原の今!


by オーナー