那須旅行とSL乗車体験のお薦めコラボ!

那須高原はたくさんの観光施設があちこちに点在しているので、できれば車でまわる方が便利です。一方、旅の醍醐味と言えばやっぱり駅弁とレールの響きだという方も多いはず。そんな楽しみ方の両立をご提案できないかなということで、今回は以前ご紹介した竜王峡トレッキングに続き、さらに鉄分(笑)の多い「真岡鉄道お手軽SL乗車体験」をご紹介いたします。

モデルコースとしましては、土曜に真岡鐵道の茂木駅やその近辺のSL停車駅に車を置いてSL乗車。適当なところまで乗ってディーゼル車で戻り、その後車で那須へ向かうというものです。SLは通常土日しか運行していないのでお気を付けください。それではバーチャルSL乗車をどうぞ!

a0011690_2149333.jpg

ワタクシは今回市貝市にある「市塙(いちはな)」という無人駅からスタートしました。駅前には無料駐車場があります、というか駅前が空き地だったり個人宅だったりというような、そんな場所です。すがすがしいまでに店も何もありません。

a0011690_2255436.jpg

待つことしばし。小動物を威嚇するような、圧倒的な存在感のある猛獣のような汽笛の音が遠くから聞こえ始め、そしてついに、黒い塊と白い煙が視界に入ってきました!




a0011690_2315271.jpg

「フォーーーーン」「ガシュガシュガシュガシュ!」
カメラを構えていると、つい引き込まれそうになる。気をつけなくちゃ!

a0011690_234798.jpg

ドゥグアシャシャシャシャシャシャ

a0011690_2344414.jpg

流し撮りなんてね、そんな簡単にはできないんですよ・・・。でも迫力ある写真でしょ?

a0011690_2371367.jpg

市塙駅では意外とゆっくり停車。実はダイヤの関係でここで上りのディーゼル車を待ちます。真岡鉄道は駅の区間以外は単線なのです。

a0011690_239319.jpg

ディーゼル車がレールを走るバスみたいな一両編成なのに対して、SLは3両編成。やっぱり人気があります。

a0011690_23122592.jpg

車内もレトロ。乗客が自分でオンオフする扇風機が渋い。

a0011690_2314466.jpg

盛大に線路沿いにはき出される蒸気。でも浅草寺のお線香の煙と同じでなんだかありがたいかんじ。

a0011690_23173324.jpg

この日は小雨のあいにくな天気でしたが、それでも沿道にはファンがちらほら。こんな微笑ましいカメラマンカップルも!

a0011690_23231138.jpg

各客車には記念写真用に車掌帽が用意されていました。ワタクシも一枚パチリ。だれだ、こまわりくんなんて言うのは(笑)。

a0011690_23421819.jpg

最後尾のドアの横の窓が開きます。蒸気機関車のはき出す煙が尻尾のように長く延びていました。

a0011690_23452555.jpg

小雨模様だったせいもあり、窓にはすすがべったり。これが夏でトンネルだったりしたらと思うと(真岡鉄道ではありません)、昔の人の苦労が忍ばれます。

a0011690_23504541.jpg

予定していた折り返し駅「西田井」で下車しました。駅前はなんと釣り堀。もちろんここも無人駅です。

a0011690_23504838.jpg

名残惜しいですが最後にC12の勇姿を撮って別れることにします。

a0011690_23504536.jpg

やっぱりここの駅でも上下線の待ち合わせがありました。おなじみの真岡鉄道ワンマンディーゼル車(乗るときに乗車券を取ります。まるっきりバスと同じです)に乗って帰途に付きました。

真岡鉄道のお手軽SL乗車体験、いかがでしたか? 真岡鉄道では土日に各一往復のSL運行があります。ほとんどの駅に無料駐車場がありますから、いろんなパターンで気軽に蒸気機関車の旅を楽しむことができます。1日は那須高原の観光施設で遊んでもう1日はSL乗車なんて、とっても内容の濃い旅行ですよね!

<今日のりんちゃん>
a0011690_02305.jpg

最近のりんちゃんは爪研ぎ棒ラブです。
by raspberryfarm | 2012-03-20 00:19 | -那須の日常

ラズベリーファームのオーナーが綴る、那須高原の今!


by オーナー