木の俣地蔵

こんにちは。しばらく花の話題が続きましたし、あと数日したら皆さまお待ちかねの「八幡のつつじ群生地」の開花状況もお伝えしなければなりませんので、今回は小さなパワースポット情報でひと休みしていただきましょう。

a0011690_1733517.jpg

板室温泉から深山ダムへ向かう道の途中にある「木の俣地蔵」です。当館から10分ほど走ると乙女の滝があり、その後5分で板室温泉に着きます。木の俣地蔵はそこから2~3分の山道にあります。

a0011690_17391081.jpg

参道入り口脇には立派な駐車場があるのですが、そこにはこんな熊之碑が。やっぱり熊いるんだなぁ。それにしても鏡のように磨き込まれた石碑に感心しました。

a0011690_1746089.jpg

a0011690_17492068.jpg

山道のような参道を5分ほど行くと

a0011690_1749498.jpg

とちぎ名木百選にも入っている、地蔵隠置の桂の木があります。途中で折れたような幹からあふれるように生え伸びる小枝が目を引きます。

a0011690_18116.jpg

裏側はウロになっていて、

a0011690_1813465.jpg

小さな地蔵尊が祀られています。カメラを構えていると、ふっと視界の端を動くものがありぞっとしましたが、よく見るとイタチが木を上っていったのでした。

a0011690_1872836.jpg

林の奥に地蔵堂を発見。

a0011690_1881310.jpg

前九年の役の時に・・・云々といういわれの苔生した桂の木の地蔵尊に比べ、こちらの地蔵堂はずいぶんと新しいようです。

a0011690_18111516.jpg

鍵は掛かってないものの賽銭箱で押さえて開かないようになっていた扉の隙間から拝撮した地蔵尊。大勢いらっしゃる(笑)。

a0011690_18151430.jpg

駐車場には一本の八重桜の木があって、今を盛りと咲き誇っていました。地蔵尊が在り続けた日々、それを人々が祀り続けた日々、桜の木が花を付けてきた年月。それらは今後も、粛々と続いていくことでしょう。

<今日のりんちゃん>
a0011690_1821220.jpg

庭の隅で獲物(ちょうちょ)を狙ってます。でも不器用です(笑)。諸行無常なり。
by raspberryfarm | 2012-05-14 20:57 | -その他の名所旧跡

ラズベリーファームのオーナーが綴る、那須高原の今!


by オーナー