誰でも手軽にMtジーンズでスノーシュー

このところテレビや雑誌に取り上げられて話題のスノーシュー。靴にベルトで止める板のようなもので、西洋カンジキとも言われます。普通なら足が埋まってしまうような雪の積もった場所でも、これさえあれば大丈夫。他に人のいない雪原を自由に歩き回ることができるのです。おまけに技術不要、練習いらずで誰でも履いたその時から楽しめる、冬のオススメグッズです。

最近は人気急上昇のためレンタルしてくれるスポットも増えてきました。今回はそんな中から、レンタルとフィールド両方をそなえたマウントジーンズ那須のリポートです。

a0011690_21583518.jpg

レンタルする方は受付で。シューとストックのセットで3000円です。靴はスノーブーツが望ましいのですが、なければスノボ用のブーツを借りればOK。服装は寒くなければなんでも大丈夫です。準備ができたら他のスキーヤーやボーダーの方と同じくゴンドラで頂上を目指します。

a0011690_2271964.jpg

ゴンドラ終点到着。標高1410mです。広場になっていて、端の方にある展望台へ足慣らしをかねて寄り道。

a0011690_2210536.jpg

この広場は圧雪してあるので本当はスノーシューいらないんですが、まぁせっかくですから(笑)。

a0011690_2242124.jpg

展望台から那須岳が大迫力で見渡せますね。今日は茶臼の煙は出ていないのかな?

a0011690_22142221.jpg

さぁそれではスノーシューエリアへ出発! (スキー・スノボ)立入禁止の旗の先がスノーシューエリアです。コースマップの⑧番のところです。

a0011690_2219149.jpg

スキー場といってもここはほとんど人がいない(今日はほかに3人見かけました)ため、あちらこちらに山の住人の足あとがありました。

a0011690_22235226.jpg

天気は快晴。おまけに風もなく、歩くと暑いくらいです。

a0011690_2225408.jpg

木々にまだ色はなく、山の上の世界はひたすら青と白のコントラストでした。

a0011690_2227113.jpg

そんな静寂を破るように雪原を散歩するワタクシ。のんびりと雪山を独り占めできて、最高の気分です。

a0011690_2229942.jpg

行き倒れたわけじゃありませんよ(笑)。もっとワイルドに爽快な気分を表している同行者(家人)です。

a0011690_22322684.jpg

テクテクと、雪原の彼方から来て反対側に消えていく足あと。不気味に折れ曲がった枝の影。雪山をゆっくり散歩すればいろんな発見があるのです。

a0011690_22372077.jpg

吹きだまりの横を通って、本日のスノーシュー散歩終了。マウントジーンズのスノーシューなら、ホントに手軽に雪山のすばらしさを楽しめます。

<今日のりんちゃん>
a0011690_2242796.jpg

ときどき、まるで仔猫のような表情をします。カワイイ。
by raspberryfarm | 2013-03-06 22:54 | -冬さんぽ

ラズベリーファームのオーナーが綴る、那須高原の今!


by オーナー