道から3分で別世界! 木の俣渓谷

6月になり陽射しが強くなってきました。はんなり木陰を歩きながら、川で涼んだり森林浴を楽しんだりって、いかがですか? 一周約30分の木の俣渓谷なら、駐車場からほんの数分歩くだけでもう静かな森と川のまっただ中にたどり着けちゃうお手軽さなのでお薦めです。

a0011690_15195425.jpg
a0011690_15213727.jpg
木の俣渓谷には大小ふたつの駐車場があります。こちらは新しく整備された大きい駐車場。

a0011690_15245509.jpg
a0011690_15222536.jpg
駐車場から続く砂利道を少し進むと「交流広場」の手前で道が二股に分かれるので、手っ取り早く涼みたい方は上の地図には載っていませんが左の川岸コースへ。桜の季節は右の道も良いのかも。

a0011690_15283607.jpg
a0011690_15284167.jpg
すぐに森の中を歩くことになります。川はちらちらと見え隠れしています。初夏の陽射しもここまでは届かないようです。気持ち良い!

a0011690_15301424.jpg
切り株の上に見慣れないヘンな葉っぱを発見。うーん、気になる。

a0011690_15381362.jpg
途中で急に視界が開け、山と森と川に囲まれた平坦な空間が現れました。巨大な東屋。写真右奥にももう一つ東屋。ほとんど利用者がないような場所なのに・・・トイレを作るとか、税金はもっと有効利用していただきたかった。

a0011690_15442528.jpg
このあたりから河原が広くなり、水遊びができるようです。ちらほらと人の姿があります。

a0011690_15461468.jpg
a0011690_15462056.jpg
河原から戻り、整備された遊歩道を歩いて、巨岩吊橋に到着。異様に立派な吊橋です。

a0011690_15480260.jpg
名前の通り吊橋のあたりには河原といい川の中といい巨岩がごろごろしていました。ちょうどフリークライミングをやりにきている方たちに遭遇。写真を撮らせてもらいました。皆落下用のマットを背負ってここまで来るんですね。

a0011690_15503218.jpg
巨岩吊橋のさらに奥に巨石群があるのですが、今回はここで橋を渡って戻ることにします。

a0011690_15521166.jpg
川の反対岸は「オオバヤナギの森」。柳というとついウラメシヤのしだれ柳をイメージしますが、日本にはずいぶん多種の柳が生息しているんだそうです。でもこんなの見てもミズナラにしか見えないよなぁ。でも三つ叉のミズナラなんてないか。

a0011690_15555975.jpg
ところどころ巨木もあったりして、木の俣渓谷は森と川を同時に楽しめる素晴らしい散歩スポットです。

a0011690_15573669.jpg
オオバヤナギの森から道に戻ると、そこは小さい方の駐車場。木の俣橋から見下ろすと、信じられない透明度の川面にウグイか何か魚の姿を発見。

a0011690_16003667.jpg
ドウドウと流れる吊橋あたりの木の俣川も気持ちよかったですが、木の俣橋あたりの美しさといったら!

近くにあり、車を降りてすぐという便利さなのに、なぜか人がほとんどいない木の俣渓谷。これからの暑い季節にピッタリのお散歩コースです。木の俣渓谷へは那須から県道30号線を走り、戸田交差点を右折して10分弱の道のりです。

<今日のりんちゃん>
a0011690_16130560.jpg
菖蒲が咲き始めたラズベリーファームの庭の小川べりで。



by raspberryfarm | 2014-06-01 16:21 | -その他の散歩

ラズベリーファームのオーナーが綴る、那須高原の今!


by オーナー