熊さんの村でのんびりを満喫

東北自動車道の矢板インターを降りて県道30号を那須へ、アゴラヒルとか山縣有朋記念館といった観光スポットへ向かうように道をそれてしばらく走ると、ラーメンのノボリが道沿いに立っています。それらをたどるように進むとあるのがラーメンとカレーの店「熊さんの村」です。

a0011690_18462566.jpg
熊さんの村は細い道のどんづまりに建っていました。開業して6年だそうです。すぐ手前に似た建物があり、真っ暗なので引き返そうかと思いましたが、後で聞くとそれは倉庫だそうで皆さんも早合点なさらないように。

a0011690_18503912.jpg
敷地は広大です。池あり、山あり、林あり。

a0011690_18522020.jpg
a0011690_18522519.jpg
池を見下ろすテラス席。どこで何をするかはご自由に、なのだそうです(笑)。夏は気持ちいいだろうなぁ。

a0011690_18535271.jpg

a0011690_18540370.jpg
a0011690_18540683.jpg
池には鯉が泳いでいましたし、まわりにはクロッカスや水芭蕉が咲き始めていました。初夏には斜面一面にアジサイが咲き乱れるそうです。

a0011690_18574610.jpg
店主の熊さんが知人に頼られて世話を引き受けたヤギの花子とそら。花子(白い方)は普段は放し飼いだそうです。

a0011690_19000403.jpg
ラーメンと半カレーの「ラーメンセット」がお薦めと言われたんだけど、カレーをがっつり食べたいという家人の申し出によりカレー、ラーメン、焼そばと無謀な3人前注文を(笑)。

a0011690_19020923.jpg
先客のおやじさん(地元の大工さんだそうです)が何やらメニューにないもの食べてる・・・と思ったら、昔の「うどん匠人岡本」と同じように、自己申告制のおでんがカウンター横の鍋にいっぱい。これも目が欲しくてついいろいろ取ってしまった、あぁ・・・。

a0011690_19051546.jpg
気持ちよさそうな小上がりもありましたが、ワタクシたちもご常連のおやじさんと一緒させてもらって囲炉裏の席に陣取りました。

a0011690_19065698.jpg
カレー到着。矢板特産のりんごを使ったアップルカレーということです。家人曰く「2日目のカレー」で、コクがあって絶品だとか。

a0011690_19081569.jpg
ラーメン到着。玉子やメンマが海苔の下に隠れちゃってますね。とろとろチャーシューが旨かった。あっさりスープはワタクシ的にストライクです。

a0011690_19095548.jpg
さすがに失敗したよなぁ・・・って思ってたんだけど、焼きそば到着。もう無理(笑)。甘めの味付けで家人的にストライク、太麺のもっちりした食感も大変よろしかったです。なんだかんだ全部食べきりました。晩飯はパスかな(笑)。

a0011690_19124110.jpg
店主の熊さんにノートを渡されました。ここを気に入った人の名前・住所・電話がみんな書いてある。記帳してくれた人には年数回のイベント情報を連絡してるんだそうです。「スマホも持ってないし、ネットって美味しいのかい(笑)?」っていうアナログな人ですが、いやぁいい感じですね。夏のホタル鑑賞会は時期的に来られないでしょうけど、もちろん連絡先は記入しました。

「冬にクローズする店とかあるけど、そんななら初めからやらなきゃいいんだよ」という熊さんは、毎朝7時前には店に来て掃除やらあれこれ用事をすませて9時過ぎには開店しているそうです。お客がいなければ3時に、いれば何時まででもオープンだとか。定休日の水曜もヤギの世話があるので朝には来ているそうです。

アゴラヒルや金精池釣り堀の近所にある「熊さんの村」、の~んびりなさりたい方に超オススメです。

<今日のりんちゃん>
a0011690_19233014.jpg
ママちゃんと一緒の枕~。



by raspberryfarm | 2016-03-15 19:32 | 番外編

ラズベリーファームのオーナーが綴る、那須高原の今!


by オーナー