2016秋の美術館めぐり・オルゴール美術館で大小の音と遊ぶ

大昔、小学校の行事で出かけた時に息子の同級生のお父さんが肩掛け式の携帯電話を携えていて、「ご苦労なことだなぁ」って眺めてた記憶があります。自動車電話とか、今では死語というかわからない人も多いですよね。

a0011690_17320944.jpg
ラジオもレコードプレーヤもない昔。生演奏を雇う以外に、人々は音楽とどうやって接していたんでしょう。答えはオルゴール! そのオルゴールの歴史をたどる旅を、那須オルゴール美術館でたどっていきましょう。

a0011690_17373290.jpg
「音」をあつかうミュージアムなだけあって、入り口からして荘厳でどっしりした建物です。

a0011690_17433336.jpg
a0011690_17433873.jpg
オートマタにも通ずる複雑さと美しさを兼ね備えた大がかりなオーケストラオルゴール。音の迫力が凄いです。

a0011690_17462533.jpg
a0011690_17462898.jpg
ちょっぴり小型化されてきたかな~。年代とともに小型・簡素化されていきますね。

a0011690_17474818.jpg
それにしてもいろんな種類・趣向のオルゴールがあるものです。本当に驚かされます。

a0011690_17483470.jpg
時代別に人々の生活に溶け込むオルゴールの様子をあらわしたジオラマ。

a0011690_17501607.jpg
毎正時に演奏される大迫力のオルゴールはさながらミニ演奏会のよう。余韻を楽しみつつショップをぶらつくのもいいですね。

a0011690_17543586.jpg
a0011690_17543857.jpg
a0011690_17544113.jpg
予算的に「音」よりも「かわいさ」で選んでしまいそう(笑)。でもどれも素敵なオルゴールです。

a0011690_17562533.jpg
お気に入りのパーツを組み合わせて作る手づくりオルゴールも人気です。世界にひとつだけのお土産になりますよね。

<今日のりんちゃん>
a0011690_17584415.jpg
今日はお休みです・・・



by raspberryfarm | 2016-10-16 18:01 | -その他の施設

ラズベリーファームのオーナーが綴る、那須高原の今!


by オーナー