那須ステンドグラス美術館館内撮影

冬を迎える那須ステンドグラス美術館。建物を囲む木々の葉が落ち、低く長く伸びた陽射しが建物の奥まで照らし出すこの季節はステンドグラス鑑賞にもってこいなのです。

毎年そんな時期に行われる「館内撮影可能月間」ですが、今年はなんと12月から2月末までの3ヶ月間のロングラン開催になるそうです。普段は撮影禁止な場所を、このチャンスに撮りまくっちゃいましょう! お友達とワイワイ撮るもよし、本格的なカメラを携えて(三脚は不可です)じっくり構図を探るもよし。

スタッフの方によると、午後1時~が陽射しの差し込みがステンドグラスを美しく照らすので狙い目だそうです。いったん退館してもその日のうちなら再入館OKなので、ぐるっと見てお昼を食べてからもう一度なんていう楽しみ方もできますよ。じゃ、ちょっと、どんな写真が撮れるのかご紹介いたしましょう。

a0011690_23592903.jpg
がっしりとした外観。ステンドグラスは外から見ると黒いガラスに見えます。

a0011690_00023078.jpg
入館したとたんにそこもかしこもフォトジェニックなインテリアなので興奮しますね。ちょっと落ち着いてステンドグラス以外にも着目してみましょう。

a0011690_00064915.jpg
ドレッサー。小物や家具も素晴らしい。

a0011690_00083019.jpg
もちろん館内にいくつかある礼拝堂のステンドグラスはため息ものの美しさです。

a0011690_00112494.jpg
ヨハネ。例えば教会のステンドグラスは、当時識字率の低かったヨーロッパで聖書を広めるためにも使われていたそうです。

a0011690_00134675.jpg
那須ステンドグラス美術館でもっとも有名な、ラファエル礼拝堂のバラ窓。

a0011690_00153960.jpg
館内は結婚式やその前撮りで訪れる方も多く、ラファエル礼拝堂には白いバラが飾り付けられていました。

a0011690_00182392.jpg
a0011690_00190815.jpg
併設のショップにはプレートやサンキャッチャーなど美しいグッズがいっぱい。つい買っちゃいますよね(笑)。

冬ならではの陽射しと静けさ、圧倒される清涼な空気感と時おり聞こえてくるパイプオルガンの音色。カメラやスマホ片手に、じっくりと1日楽しむことができます。

※この記事は特別な許可を得て撮影しています。通常は館内撮影禁止ですが、2017年12月から2018年2月末までどなたでも撮影可能な期間になりますので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

<今日のモモちゃん>
a0011690_00274177.jpg
ネコタワーでアクロバティックに寝るよ!



by raspberryfarm | 2017-11-07 00:35 | -ステンドグラス美術館

ラズベリーファームのオーナーが綴る、那須高原の今!


by オーナー