蕎麦の花咲く那須高原

那須街道・広谷地(ひろやじ)から県道30号線を塩原方面へ向かうと、約10分ほどで戸田の交差点に着きます。左手には商店とガソリンスタンド、右手はカツ丼屋と空き地になっています。そのカツ丼屋の裏手は蕎麦畑。今年は休作のようですが、今の時期にはところどころに小さな白い蕎麦の花が咲いています。

a0011690_10302520.jpg
この小さな花たちひとつひとつが来月には黒くて硬い実を付けます。これが「玄蕎麦」。「玄」とは黒色ということで、ぬかの付いたやや黒っぽい精白前の米を玄米と呼ぶのも同じ意味です。

蕎麦の名産地や蕎麦を売りにした観光地には見応えのある広い蕎麦畑などがありますが、こんな交差点そばで何の気なしに鑑賞できる蕎麦畑というのもなかなか乙なものですし、初めて見る方はきっと感激されると思います。

a0011690_10311298.jpg
a0011690_10312809.jpg
さて、蕎麦畑がどんなものかわかったところで、もし那須アウトレットや板室温泉方面に向かうためにさらに30号線を直進されるのでしたら、ぜひ道の両側にご注目ください。なんでもない林の隙間や庭先など、いろんな場所に小さな蕎麦畑が点在しています。那須でいかに蕎麦が身近なものなのかおわかりいただけることと思います。

<今日のりんちゃん>
a0011690_10320892.jpg
涼しくなりました~


by raspberryfarm | 2018-09-21 10:32 | -季節の便り

ラズベリーファームのオーナーが綴る、那須高原の今!


by オーナー