ロシア人のお客さまからも太鼓判!ボルシチの作り方

季節はいつの間にか初冬。遠くに見える那須岳がまだ真っ白に変わっておらず、逆に美しい白黒のコントラストを見せてくれています。

a0011690_16374363.jpg
今日は当館に毎年数回ご宿泊なさるご常連のロシア人のお客さまからも太鼓判をいただいている、那須高原で収穫されたスビョークラ(ビーツ)を使ったボルシチのレシピをご紹介いたします。那須に来ていただいて(ラズベリーファームにご宿泊いただいて・・・笑)ビーツをお求めになるのがベストですが、缶詰を使っても作れますのでぜひ一度トライしてみてください!

a0011690_16412090.jpg
宿ではたくさん作るのでフードプロセッサを使いますが、もちろん包丁で刻んでも結構です。まずは人参。

a0011690_16423985.jpg
薄く油を敷いた鍋に人参を入れます。

a0011690_16433495.jpg
a0011690_16443116.jpg
次にスビョークラ。これが生のビーツです。まな板保護のため下にペーパータオルを敷いてます。これ大事。

a0011690_16445542.jpg
皮を剥き適当な大きさにカットしてやはりフードプロセッサへ。惨劇の跡はこちら。

a0011690_16455964.jpg
人参の上にビーツを乗せます。

a0011690_16462583.jpg
ビーツの上に玉ねぎのみじん切りもオン(フードプロセッサを洗わず使ってるのでビーツの色が付いてますね)。

a0011690_16473468.jpg
さらにキャベツのみじん切りも乗せますよ。

a0011690_16493735.jpg
夏場はフレッシュのものを使いますが、今回はトマト缶を使用。この上に油を少し回しかけて蓋をして、弱火で15分ほど蒸していきます。水はいっさい入れませんよ。

a0011690_16505234.jpg
その間に別鍋でスープを取っておきます。当館ではステーキ肉を掃除する際に出る牛の筋部分を貯めておいて、玉ねぎなどと一緒に30分ほど圧力鍋で煮込んでビーフスープを作っています。ご家庭では鶏ガラでチキンスープを取ったり、豚角煮を作ったときの豚煮汁などを使うのも全然アリです。スープの素を使っても良いと思います。

a0011690_16545948.jpg
蒸し上がった野菜類にビーフスープを注ぎ、ビーフ味のボルシチ完成です。塩、コショウ、ニンニクなどお好みで味付けしてください。

a0011690_16562666.jpg
んー具だくさんで美味しそう! お皿によそったらスメタナやディルをのせてさらにグレードアップさせてみてくださいね!

<今日のりんちゃん・モモちゃん・ママちゃん>
a0011690_17000009.jpg
陽射しの温かい冬の午後、ラズベリーファームの庭で。

by raspberryfarm | 2018-12-22 17:07 | -那須の食材

ラズベリーファームのオーナーが綴る、那須高原の今!


by オーナー