那須高原の超穴場情報・再び

Excite Bit 投稿コネタ 最新お題投稿!
デイリーポータル@niftyに取り上げていただき、この仮面館もすっかりメジャーになったかな、ということで推敲いたしました。ヨロシク。

何度かこのブログでも取り上げて、そのたびに外観だけはご紹介しています「仮面館」ですが、現在土曜のみ開館ということもありなかなか館内をじっくりご案内できずにいました。ワタクシも一度見せてもらったことがあるだけです。
a0011690_12544674.jpg

仮面館外観。伺った話によるとわざと草ぼうぼうにしているらしいです。
a0011690_1257090.jpg

では館内に入ります。今回、旧くからの友人で現在えい出版社で雑誌「培倶人」というオヤジ向け(笑)バイク雑誌の編集人を務めているNさんから「那須に取材の人間を行かせるんだけど、どこかオモシロスポットがあったら教えてくれる?」との問い合わせがきっかけで、それではということだったので土曜の仕事を調整し取材してきました。
a0011690_1258848.jpg

「うわぁ…」
仮面をまとい、生い茂った雑草に半ば埋もれる外観は不気味という言葉そのものだと思うのですが、一歩中に入ると吹き抜けの壁も天井もとにかく全面を上から下まで覆い尽くす仮面の色と造形がおりなす圧倒的な存在感に思わず声が出ます。
a0011690_130469.jpg

仮面館自体も作品も、全て廃材から制作しているとのこと。作品をよくみると自転車のサドル、鍋、ほうきの柄などさまざまなものが使われています。
a0011690_132459.jpg

仮面館の主、岡田さん。およそ2万点の仮面を制作してきた現在の心境を氏はこう語っておられました。
「1日1作品、みたいな気持でやってきました。僕みたいな人間が今日まで生きてきたことの証ですし、ライフワークとして今後も作り続けていくつもりです」
実は岡田氏はスペイン・アメリカなど海外でも広く活躍し、日本現代美術家連盟理事なども務めている方。ここ仮面館でも毎週末アートスクールを開催されています。いいなぁ! こんなところでアートを習えばインスピレーション冴えまくりでしょう。実際生徒さん達もいろいろな賞を取るなど活躍されているとのことでした。
a0011690_1335782.jpg

ずっといると異次元の世界に吸い込まれてしまうような仮面パワーですが、実際は明るい陽の光が差し込む教室スペースに生徒さんの作品があったり囲炉裏の部屋を拡張工事中だったりと、岡田さんの人柄もあいまって親しみの持てる空間です。現在入館無料とのこと。

さあ、あなたのご旅行スケジュールでは土曜日の昼頃、那須にいらっしゃいますか? そしてその土曜日に、はたして岡田さんは気が変わることなく(笑)館を開けているでしょうか? あなたに「超穴場スポットの神」のお導きのあらんことを!

仮面館の場所はこちらをご覧ください

by raspberryfarm | 2007-04-23 14:43 | -その他の施設

ラズベリーファームのオーナーが綴る、那須高原の今!


by オーナー