那須ステンドグラス美術館で気軽に英国散歩!

ずいぶんと暖かくなってきました。冬期運休していた那須岳のロープウェイも20日から運転を再開していますし、そんなこんなで山の方へ行かれる方も増えてきますが、なにせ高原。冷え込む日もまだまだありますのでご注意を。

さて今回は、ちょっとしたお散歩コースとしてもピッタリの、イギリスの片田舎の小城のような異国情緒たっぷりのロマンティックスポット「那須ステンドグラス美術館」をじっくりとご紹介いたします。
a0011690_9144114.jpg

石造りの重厚な外観。窓が少なめ&小さめですが、逆にこれがステンドグラスを美しく効果的に引き立てます。
a0011690_9213480.jpg

こんなスリットのような窓もあります。
a0011690_923443.jpg

入るとすぐにお土産コーナーがあります。窓に貼り付けて使う小さなステンドグラスや景色を覗くタイプの万華鏡などついつい欲しくなるものだらけ。ですがじっくり見るのは帰る時にして、先へ進みましょう。今回ワタクシは取材の許可を得てのご紹介ですが、本来は館内撮影禁止となっているのでご注意ください。
a0011690_93097.jpg

ちょっとしたコーナーも照明器具と光の量でムードたっぷり! なるほどぉ。
a0011690_932051.jpg

ただの壁面にもこんな飾りが・・・。
a0011690_9332958.jpg

館内にはいくつかのチャペルと展示室があり、小さな階段や2階の外廊下など、複雑な造りになっています。これは大型オルゴールが据え付けられているチャペル。定時に演奏されます。

  
レットイットビー演奏の様子。1回に1ヶ所で数曲演奏されます。
a0011690_9374590.jpg

廊下部分。効果的に取り込まれた外の光が作り出すコントラストが見事です。
a0011690_9413870.jpg

別のチャペル。ここではオルガンが演奏されます。
a0011690_9425637.jpg

また別のチャペル。ここには写っていませんが、背後にとても大きなパイプオルガンが据え付けられていて、その迫力は館内各所で行われる無料コンサートの中でも圧巻です。

ステンドグラス美術館は、単にステンドグラスを鑑賞するのではなく、教会をモチーフとした建物自体の雰囲気を味わって楽しむ場所だと思います。隣には結婚式用のチャペルもあり、土日には幸せそうな新婚カップルが芝生で撮影しているところを見かけることもしばしばです。

無料コンサートの内容・時刻などは毎月始めに「ペンション通信(那須情報)」のページにてご案内しています。半額で入館できるお得なステンドグラス美術館パックもご用意しています。
a0011690_108439.jpg

併設カフェでお茶を飲むこともできます。こちらにも安くて素敵なお土産がたくさん用意されていますよっ!
by raspberryfarm | 2008-03-20 10:19 | -ステンドグラス美術館

ラズベリーファームのオーナーが綴る、那須高原の今!


by オーナー