ルバーブジャムの作り方

野菜のおいしい季節となってまいりました。おかげさまで今月のスペシャリテ「高原野菜のバーニャカウダ」は大好評をいただいております。

ところで例年この時期になると、当館ではディナーの時間にある野菜が頻繁に話題にあがります。それはルバーブ。手に入った時には必ずジャムにしてお出ししているのですが、ほとんどの方がご存じありません。

ということで、今回はルバーブのご紹介とそのジャムの作り方です。
a0011690_1747326.jpg

「聞いたことがない」 「どんな野菜なんですか?」などご質問を受けることが多いのですが、「うーん、フキに似た野菜です」としか説明できないルバーブ。フキっぽいでしょ(笑)?
a0011690_17504572.jpg

知り合いの農家で収穫しているところ。なっているかんじもフキに似ていますね。
a0011690_17545616.jpg

まず洗ったルバーブは適当に刻みます。フキと違い、筋を取る必要はありません。
a0011690_1812217.jpg

砂糖を加えて火に掛けます。ジャムを作る場合は何でもそうですが、水は加えません。砂糖の量はホントに適当、というか経験上わかっちゃうので、計ったためしがない・・・参考になりませんね、すみません。
a0011690_1851477.jpg

中火で、焦がさないようにかき混ぜながら熱を加えていきます。ルバーブから水分が出てきました。
a0011690_1864198.jpg

だんだん煮物の様相を呈してきます。このあたりで弱火にし、別の用事などしながら10分おきくらいに様子をみつつかき混ぜる、という体制に移ります。
a0011690_1891730.jpg

あともうちょっと。歯ごたえを残したプレザーブスタイルがお好きな方はこのへんで火を止めてもいいでしょう。ただしその場合は最初にもっと小さく切っておいた方が食べやすいですね。
a0011690_18104143.jpg

約40分~1時間煮詰めて、ルバーブジャムの完成です。

当館ではこれをヨーグルトやアイスクリームに添えてお出ししています。甘酸っぱくて独特のおいしさのルバーブジャムは、一度食べたらやみつきになること間違いなし! 皆さまもどこかで見つけたらぜひチャレンジしてみてください。
by raspberryfarm | 2009-06-24 18:18 | -那須の食材

ラズベリーファームのオーナーが綴る、那須高原の今!


by オーナー